【力の大会】シャンツァ最強説、ほぼ確定か。【ドラゴンボール超】


f:id:hi-gym-st:20171120133949j:image

ドラゴンボール超の「力の大会」

身勝手の極意(兆)の悟空を倒し、圧倒的強さを誇っているジレンですが、実はそれよりも強い戦士がいるという説がありました。

 

それは、、

 

シャンツァ最強説》

 

 

シャンツァ....???

 

と思う方もいると思いますが、シャンツァは第4宇宙の戦士です。

 

では、早速ですがその根拠を揃えていきましょう。

 

 

根拠その1

「第4宇宙に破壊神よりも強い戦士がいる。」

 

ウイスが「ビルスよりも強い破壊神がいて、その破壊神よりも強い戦士がいる宇宙がある」

という事をテレビ版で放送していました。

 f:id:hi-gym-st:20171120134005p:image

f:id:hi-gym-st:20171120134011p:image

f:id:hi-gym-st:20171120134031p:image

 

すると、あぁ、これは第11宇宙のジレンの事ね、、ビルスより強いのはアフロの破壊神ね、、

 

と考えると思うのですが、最近のVジャンプで以下の事が明らかになりました。

 

f:id:hi-gym-st:20171120134050p:image

 

つまり、実は破壊神より強い戦士がいる宇宙は第4宇宙であるという事です。

 

この時点でジレンよりも強いかは分からないけれど、少なくとも「破壊神」よりも強い新たなる戦士が敵として悟空たちと戦うことは明らかですね。

 

根拠その2

「第4宇宙のシャンツァはジャネンバに似ている。」

 

f:id:hi-gym-st:20171120134140j:image

f:id:hi-gym-st:20171120134221j:image

 

 

これは特筆することでも無いですが、シャンツァとジャネンバは似ていますね。

 

根拠その3

バンダイのプレミアムフィギュアにジャネンバが人気キャラとして登場。」

 

f:id:hi-gym-st:20171120134236j:image

 

ジャネンバってそもそもそこまで人気じゃないでしょ!しかもこのタイミングで??

ほかに人気なキャラ沢山いるし、、

さらにゴジータがいる時点で、これは映画「復活のフュージョン」を示唆していると言えるでしょう。

 

つまりこれらから考えて、シャンツァがジャネンバの様に変身して闘うというのが自然でしょう。

 

 そして、身勝手の極意を身につけた悟空とベジータフュージョンして闘う、、
ジレンはどうなるの?って感じですが、案外悟空&ベジータの身勝手の極意化の素材として働いて消滅、なんて事もあるかもしれないですね。(共闘もまぁありえるか)

 

【追記】シャンツァ登場シーン

 f:id:hi-gym-st:20171122090512p:image

f:id:hi-gym-st:20171122090549p:image

f:id:hi-gym-st:20171122090559p:image

 ①105話 背中から空気を噴射して飛ぶ。

(足についてるリングが、破壊神の腕輪と同じという一説もあり。)

 

f:id:hi-gym-st:20171122085254p:image

②1時間SP ジレンの気 解放時、ヒットとシャンツァだけ仁王立ち。ちょっと顔は引きつってるが。

 

f:id:hi-gym-st:20171122084511p:image

③同 ビビってる。ここだけ見ると雑魚キャラ。

 

f:id:hi-gym-st:20171122090501p:imagef:id:hi-gym-st:20171122090504p:image

④ 同 よく分からんけど、手を上げてるのは何だろう。特に意味は無いのかな。

 

(ドラゴンボール超って自分よりも弱キャラに対してもビビったりするシーンあるしなんとも言えないな〜)

 

 

ベジータが身勝手の極意を習得するのはほぼ確定でしょうか。

これまでの伏線の回収の仕方としても、ドラゴンボール超のアニメの作り方としても、割と普通に考えられる事だと思います。

 

もしくは、身勝手の極意を身につけられないベジータが、悟空とフュージョンしたくないけれど、愛する地球の家族のためにフュージョンして闘うというのも考えられますが、、

 

いずれにせよ、ベジータの身勝手の極意については話の本筋に大きく影響するのは確かでしょうね。

 

個人的にですが、力の大会終了は何らかの形で妨害されて、そこから何でもいいですが、天使vs悟空たち、や、参加していない宇宙vs悟空たち

のような、かなりシリアスな展開を迎えて次の章にいって欲しいなぁという感じ。

サイヤ人編から死んだ仲間を生き返らせるためにナメック星へ、、のようなストーリー性があるといいなあ。

 

 

「勉強しか出来ない」という言葉では無く、「勉強すら出来ない」という言葉を普及させるべき。

 以前これは私がツイートしたことがある言葉なんですが、割と共感してくれる人が多く、
また日が経った今、またその事を感じる出来事が多く起きたので、ここにそれを記そうと思います。

(この記事は現在15分で仕上げた状態の記事です。大きくここから修正を加えていく予定です。)

 最近、某高校で教師に暴行をした生徒が逮捕されたというニュースが流れ、その高校の偏差値はインターネット上では37。
たしかに偏差値だけでは人間性は語れませんが、
明らかに動画内に写っている人たちの人間性が高いとは思えませんでした。

 私も中学生までは公立高校だったので勉強が苦手な子と多く接してきましたが、やはり半数以上は人間性に大きく不足している点はあるな、とおもいました。(無論過去の自分を省みてもそう思いますが。(笑))

 これらの経験などから、やはり学力と教養は高確率で比例すると言えます。

 稀に、勉強できる人が勉強しかしてこなかった、と批判されることがありますが、

勉強できる事を少しでも批判される要素にしてしまう、

その

              「勉強しか出来ない」

という言葉を廃止して、私たちは

              「勉強すらできない」

という言葉を普及させるべきではないでしょうか。

 

そもそも「勉強しかできない」それの何が悪いの?という気もしますが、、あなたは代わりに何が出来るんですか。教師を殴ることですか、未成年飲酒をすることですか、無免許運転することですか、コミュ力(笑)があることですか。

勉強出来るほどに大層なものが、

「勉強すら出来ない」人にある訳ないでしょう。

 

 ところで、勉強できない人達が、学歴以外の面で自分の能力をアピールする!と言っていますが、何故そういう人たちは学歴以上に自分たちが評価されると勘違いしているのでしょうか。

 

 「勉強すら出来ない」人たちに他のことができわけがないでしょう。勉強する時間を捨ててまでスポーツにのめり込む人はいます。そういう人達全員を批判するつもりはありません。

 

 しかし勉強する環境を与えられ、教養を身につける時期に、その必要性を認知せずに遊び呆ける人間に、高級な仕事ができるわけがありません。(根拠書く必要ないよね)

 

 そもそも勉強の大切さを分からない、その時点で愚かなのに、まして勉強をしないという時点で頭の中はお花すら咲いていないでしょう。
 

国語を学ぶことで日本語を組み立て、自分の考えを深く正確に相手に伝える。

 

数学を学ぶことで情報処理力、論理力を徹底的に身につける。

 

理科を学ぶことで結果から考察し、社会で過去の出来事を正確にまとめ、人間社会にある命題を解決していく。

 

これらの能力を抽象化し、一般的に行使することで実生活に役立てていく。


こんな素晴らしい勉強→生活への応用のシステムを分からないアホは、この発達した社会の汚点でしかありません。


私からしたら勉強しない時点で罪とさえ言えますよ。


勉強しないのは当人の自由ではありません。

もはや発達した社会の一員として活動するなら、その社会に求められたことはこなしていく必要があります。


それが出来ないなら太平洋に新しい島でも見つけて放浪と生きてくださいといいたい。

社会の邪魔ですからね。(社会の恩恵は受ける癖に、その社会に貢献しないのですから)

 

 日本の研究者は経済的な負担が多く、政治的にも後押しされない状況にあります。
日本の学び屋に対する接し方はとても先進国のそれとは思えません。

これからの時代、必要とされるのは、勿論教師を殴る馬鹿な生徒でもなく、コミュ力しか無い人間でもなく、話が上手いだけの人でもなく、
勉強が出来る人間とさえ言えます。(情報が混沌としたこの世の中では更に)

 

「勉強すら出来ない」人は即刻本国から立ち去り、「勉強が出来る」人間を崇めていきましょう。

勉強できる人間に栄誉あれ!!

思考力はこの世に存在しない。数学は因果と経験の”暗記”。

「思考力はこの世に存在しない。」

この言葉を見て、「いや何言ってんだよww」と思う方は多いと思います。(笑)

少しインパクトを与えるためのタイトルだと思ってください。

 

今回私がこの場で皆さんに伝えたいのは、思考とはいったい何をもとに成立するのかということです。

伝えたいというより、脳科学的な根拠に基づいた発言では無く、単なる経験則に基づくものなので、一個人の意見くらいに受け取ってもらえれば幸いです。(おそらく、思いますなどの表現はその根拠のなさを表していますが、個人的には断言できるレヴェルに正しいと思っています。)

 

 

思考とは。~数学をもとに考える~

 

数学を学ぶとき、学校や塾の先生に言われたことが一度はあると思いますが、

「まず自分で考えて、考えきって、それでも分からなかったら解答を見なさい。」

「しっかり考えることで、思考力が養われる。」

 

これについてですが、先に言っておくと私は数学のこの勉強法についてですが、80%反対、20%賛成といった感じです。

 

皆さんも数学の初見問題を解けたときのことを考えてみてください。

そのとき、

「あっ、これはあの問題と似てるなー」

「この変形をすれば、あとはあの問題と解き方は同じだ!!」

と脳内でなっていると思います。

確かに0から考え付いた(と思う)神解答をまれにすることはありますが、100回解いたら98回は確かな過去の経験(解法の記憶)に基づくものだと思うんです。

 

では残りの2回の経験は果たしてみなさんが一問を解くときに頭を捻って考えたことによる賜物なのでしょうか。

 

おそらく違うと思います。

それは単純に過去の経験と、正解の間にあるものを偶然当ててしまっただけだと思います。

これの根拠は完全に私の経験と他人から聞いた話に基づきます。

(強く言ってしまえば、情報がなければ人は考えることが出来ないのは自明なので。) 

また、あの問題と同じだ!というステップは基本的に定石であったり、そう変形する方が上手くいくことが多い、という経験であり、そこに閃き要素は基本的に無いので、それを思考力とは言いません。(仮に言っても閃き力=運ですが。)

 

f:id:hi-gym-st:20170930210642j:image

画像をみてください。

緑色の進み方をして答えに向かわなければならない問題の時、その既知の領域を経由して答えに向かうのが98%、既知の領域が経験に無い時に偶然既知の領域(もしくは無知の領域)を通り答えに向かうのが2%が だと考えてください。なのでそこに思考力は存在しません。

 

つまりまとめると、意識的な思考も無意識的な思考も経験に基づくものなので、数学はどれだけ正しく多くの問題を経験して理解し、新しい問題に対応できる因果関係を大脳に記憶しているかが勝負になると思います。

なので無駄にわからない思考をしても意味がありません。

 

20%の賛成はたくさん考えることで、その問題の印象が強まり記憶しやすくなるということですかね。ただ記憶は印象よりも反復で覚えたほうがいい気もするので何とも言えませんね。

 

これらを考えると、いわゆる思考というのは、大脳にある記憶の意識的もしくは無意識的な選択によって生まれる複数の決定過程であり、

行動はその決定通りに人間が体を動かしたりするもののように思えます。

その選択の仕方は勿論皆さんの生まれてからの経験の樹形図的な道のりの上にあるので、一人一人個性ある考えをするのは当然ですよね。

 

言い換えれば思考というのは単に複数の記憶を選択していくプロセスで、その選択が正しいか否かを考えることも、それすらも記憶に基づく経験で、思考力はそれらの連続的、継続的な記憶のつながりの絶対量と同値であると言えます。(樹形図を想像してください。)

 

なので、所謂思考力というものはこの世には存在せず、

では代わりに”経験選択力”を身につけるには、

1,アブノーマルな経験をたくさん積み、生涯でその樹形図をとてつもなく大きくしていく。

2,ノーマルな経験の中に樹形図の枝をたくさん複雑に繋げる。

といったことでしょう。

これを常に怠らずにやっていけば人の精神や思考は更に洗練されていくと思います。

 

論述対策必須の一冊!!日本語の作文技術 概要 〔著・本多勝一〕

f:id:hi-gym-st:20170624223019j:plain

 写真の通り、日本語の作文技術には無印と実戦編と、二種類出版されているので今回は無印の方だけ紹介します。(かなり簡潔な紹介です。)

 

ページ数は300ページ程です。

 

章立ては第九章まであります。

 

レビューポイントは、

  ①良い点、悪い点

  ②どういう人にオススメか

  ③個人的に楽しかった部分の紹介。

です。

 

全体的な流れとしては、

 

私たちが意識せずに誤って使ってしまっている文法ミスなどを提示、そのミスによって生じる解釈の難を指摘、そしてその文章の正しい書き方を示す。

 

といった流れになっています。

 

著者は"正しい文法"よりも"分かりやすい"という事に重きを置いているため、文法信者の方は使わない方がいいかもしれません。ただ、論述で減点となるような文法を使っている訳では決してないので、そこはご安心下さい。

 

 

①良い点、悪い点

【良い点】

・作文技術を教える本のため、無論かなり読みやすい。

・私たちが誤用してる文構造を多く取り扱っている。

・例が多くとても分かりやすい。

・分かりにくいところには簡潔な図を用いている。

 

【悪い点】

・一つの事に関して冗長すぎる説明がある。

・読みやすいが、必要十分を過度に超えた情報があり、一番重要なことが分かりにくい。

→これに関しては上手くまとめてあるが、それでも少し"重要度"という点では分かりにくい。

 

 ②どういう人にオススメ?

この本のオススメはズバリ、

・受験科目において、論述が必要な人!(国語、社会、生物、小論文を使う方など)

・社会人全員。

 

受験生は時間がないと思うので論述が必要ない方はすぐ読め!とまでは言いませんが、

社会人は全員が読むべきでしょう。今の日本人で、分かりやすい文章を書ける人がとても少ないということを、この本を読むことで痛感することができると思います。

 

③個人的に楽しかった部分

第5章の「漢字とカナの心理」

ではひらがな、カタカナ、漢字をどのように組み合わせ、表記していくかについて明確に説明がなされています。

 

私は知っている漢字は全て漢字に、できるだけネイティヴ発音に近いカタカナを選んでいましたが、この章を読むことで色々新たに学ぶことができました。

 

ひつよういじょうにひらがなを用いたり、必要以上に漢字を網羅的に文章に組込む事による文章の読みにくさなどを深く学ぶことができました。

 

この本を読むことで圧倒的に読みやすい文章が書けるようになるでしょう。

 

是非読んで下さいね。

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=hiro11040d-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=4022618450&linkId=61ff94b0b3972a654c3afa00ce2f25fc&bc1=FFFFFF<1=_top&fc1=333333&lc1=0066C0&bg1=FFFFFF&f=ifr">
</iframe>

 

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

 

 

 

 

 

 

コミコ(comico) 課金して早く読む人って、、

 

 

どうなんでしょうかね、、

 

結局終点も一週間のリードがあるだけ、

 

他人に対する優越感に金かけるべきなのか、、

 

普通にクレジット使う手間かかるし、

 

金かける必要、、あるのか。

数学は美しい? 人間の美意識について。

f:id:hi-gym-st:20170526213228j:image

 

(誤字探しをしていない状況です。後にやっていきます。)

 

私は現在とある予備校で浪人生活を送っているのですが、

そこで某物理講師がおっしゃっていた事に少し考えさせられることがあったので、今回その事について綴っていきます。

3ヶ月半前ごろに数学は美しいという事に関してほんの少しだけ書いた記事があるのですが、

その記事の付け足し、といった形になります。

 

#1では、社会や人間関係など、不正確で常に答えがあるとは限らないとい。
それに対して、数学には必ず答えがある。
そこが美しい。

というお話をしました。

 

さて、今回のお題は

【人間の美意識は絶対的では無い。】

といったところでしょうか。


本題に入っていきます。

(某物理講師以下K氏とします。)

唐突ですが、K氏が話したことをまとめていきます。

内容は将棋から入ります。

1,スーパーコンピュータvsプロ将棋士の戦いで、人間が考えもつかないような駒の指し方でスーパーコンピュータが圧勝をした。

2,コンピュータは熱力学的にも10^23(アボガドロ数)といった莫大な情報量を処理することは出来ない。
しかし将棋のパターンはそれを超える。
つまりコンピュータと言えど確実に勝つ方法を模索することは出来ないということはこの勝負に前提としてある。

3,そもそも人間は人間が美しい手だと思う駒の指し方を沢山の勝負の中で無意識的に身につけていって、その美しいと思う駒の指し方をして、人間対人間の勝負を行なってきた。

4,しかしコンピュータはその人間がまず考えもつかないような駒の指し方をしてきた。(≒人間からしたら醜い指し方)

5,結果としてコンピュータが勝った。

6,これは人間の美意識というのは絶対的なものでは無いことを裏付けるのでは?(コンピュータの美しさとは別物であると言えるから。)

7,物理学者や数学者は常に真理を美しく尊いと思い、それを追究してきたが、その真理は人間のみの美意識の元にしかあり得ないのでは?

 

ざっとまとめるとこんな感じです。

(僕の解釈も大きく入ってるので、K氏の考えていることとは少し違うかもしれませんが。)

 

私は、これを聞いて

数学は絶対に答えがあるから美しいと考えるのは(#1)、人間は社会など不確かなものを見つけることを恐れ逃げた結果、独りよがりな価値観に篭ってしまっているからなのではないか。

という疑問を持ちました。

それに加え、人間の視点なんてまず当てにならない、とも思いました。

確かに人間は物理学などによって原子力発電などの数多な文明をもたらしたが、

福島の原発事故など結局それは人間の制御下に抑え込めないものであった。

人間は結局真理には到達できないのか、また、結局人間の視点なんて間違いだらけなんだな、、と。

ここで言いたいのは勿論、科学を絶対視するなということを必要条件に含みますが、

それよりも

私が以前話した、

【人生哲学における真理・摂理】

というのは議論の進め方も何から何まで、

全て不確かなものになってしまった。ということを意味します。

 

皆さんの中で生きる意味、生きる糧になっているもの、

本当にその価値観は、絶対的なものたり得るでしょうか。

むしろ、相対的だからこそ良いのでしょうか。

是非思いついた考えがあれば教えてください。

【必見】スマホにある画像(写真)の解像度を無料で簡単に良くする方法!!

適当な画像を....

f:id:hi-gym-st:20170329220523j:image 

 

拡大すると......

 

f:id:hi-gym-st:20170329220217j:image

 

 

こんな粗いですが.....

 

http://waifu2x.udp.jp/index.ja.html

 

 

上のサイトで.....

 

f:id:hi-gym-st:20170329220534j:image

丸矢印から写真を選択。

 f:id:hi-gym-st:20170329220552j:image 

各設定を適当にぽちぽち押して、実行!

 

f:id:hi-gym-st:20170329220617p:image

 

めっちゃ画質良くなりまーす。

 

終わり。